ミッケ!とは

リンクユニット

ミッケ!とは、1991年にアメリカで発売されて大ヒットした絵本です。日本では小学館から発売されて既に15年以上経ち、シリーズ累計820万部以上のベストセラーです。写真の中に隠されているさまざまなものを探していく謎解き絵本で、新刊が出るとランキングに載るほど今でも大人気です。

私が子どもの頃大好きだったウォーリーを探せを思い出します。でもミッケはもっと面白い!なんでこんなに惹きつけられるのか、私が考える理由はこれ↓

★おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワクするようなレイアウト
ページのほとんどが写真です。ジオラマのような細かい写真で、色づかいも素敵!見ているだけでワクワクします

★日常にありそうな風景を切り取っている
化粧台の上や、砂浜、おもちゃの部屋など、身近にある風景のジオラマも多いです。自分やお友達の家を想像しながら楽しむことができます。

★糸井重里のテンポのある訳
この本の翻訳を糸井重里がしているのは有名ですが、その訳がいいんです。まるで物語を読んでいるようなテンポのある文章が耳に心地いいです。

★自分たちで問題が作れる
問題を全部クリアーしても、まだまだ隠れているものはたくさん!自分たちで問題を作って、無限に楽しめるんです!お子さん達と問題を出し合ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加